がんばろう外食!(支援等) ニュース

時短営業の協力金申請に必須となる「コロナ対策リーダー」の登録受付を開始【東京都】

2021年3月22日 1:16 pm

 東京都は、3月22日以降の時短営業の協力金を申請するための必須条件となっている「コロナ対策リーダー」の申請受付を、3月22日正午から「コロナ対策リーダー」登録フォーム (リンク)で開始した

 「コロナ対策リーダー」制度は、店舗ごとにマネージャーなどの責任者を「コロナ対策リーダー」として選任し、e-ラーニング研修の受講後、修了がわかるシールをステッカーに貼付することで「コロナ対策リーダー」が店舗と利用客の双方に感染防止マナーを促すというもの。

 登録するには、事前に「感染防止徹底宣言ステッカー」を発行している必要があり、未発行の店舗は「感染防止徹底宣言ステッカー」作成フォーム (リンク)から申請できる。

 また、「コロナ対策リーダー」の申請フォームに登録した業種、事業者名、事業所・店舗名、事業所・店舗の所在地、電話番号、店舗URLについては東京都のホームページで公表される可能性があり、コロナ対策リーダー氏名とメールアドレスは非公表となる。e-ラーニング研修の実施は3月末を予定している。

■問い合わせ先
東京都緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター
電話番号:03-5388-0567
開設時間:9時から19時まで(土日祝日含む毎日)

※関連ページ
時短営業だけでは協力金はもらえない! 22日以降は「コロナ対策リーダー」の登録必須に【東京都】

Print Friendly, PDF & Email