新型コロナウイルス関連記事 【参加型連載】サービスのチカラ

商品情報

割材など

[常温]英国が生んだプレミアム割材〈フィーバーツリー〉が23年1月にアサヒビールから発売へ

 アサヒビールは英・フィーバーツリー社の割り材用炭酸飲料〈フィーバーツリー〉の日本国内における販売権を取得し、2023年1月1日から料飲店用・家庭用両方のチャネルで販売を開始する。ウィスク・イーからの輸入エージェント移行。 フィーバーツリー…【続きを読む】
設備機器

油の使用量半減で旨味はギュッと! フライヤー向けデバイスが登場!!【GIANT】

 業務用フードテックデバイス機器の開発・製造販売を手掛けるGIANT(東京・五反田、LEE JOONSEOK社長)は、油の粒子を細かくする独自技術により、食材への油の吸収と劣化を抑え、揚げ物の油の使用量を約半分に削減できる業務用フライヤー向…【続きを読む】
設備機器

店独自のソースやドレッシングを自動で調合! 世界中で同じ味作れる調味料プリンターを開発【ルナロボティクス】

 業務用としても家庭用としても利用でき、3Dプリンターのようにソースやドレッシングなどの調味料を作ることができるキッチン家電が完成した。 フードテックベンチャー企業であるルナロボティクス(静岡・伊東、岡田拓治社長)は、世界中どこにいても、ソ…【続きを読む】
酒類

ショップと立ち飲み併設の醸造所からフラッグシップビール2品がリリース【みぞのくち醸造所】

 神奈川・川崎市を中心に「炭火屋台居酒屋 えんがわ武蔵小杉」などを展開するローカルダイニング(神奈川・溝口、榊原浩二社長)が5月に開設したタップルーム(立ち飲み席)やショップを併設したクラフトビール醸造所「みぞのくち醸造所」は10月1日、フ…【続きを読む】
調味料

京都産ハバネロ80%使用し旨みの抽出にこだわったホットソースをリニューアル発売【Shiki Group】

 宿泊業などを手掛けるShiki Group(京都・三条油小路町、神田千愛社長)は、京都で活躍する蒸留酒技術者であるアレックス・デイヴィス(Alex Davies)氏とのパートナーシップで開発したハバネロソース〈Habanebros(ハバネ…【続きを読む】
酒類

未知のクラフトビールと出会える?「フレッシュホップフェスト2022」開催中!【日ホ推】

 近年、クラフトビールが注目を集めている。(一社)日本ビアジャーナリスト協会によると、日本国内のクラフトブルワリーの数は2022年10月1日時点で652社と、5年前の約2倍以上に増えたという。 ビールの魂といわれる、原材料であるホップに対す…【続きを読む】
ピックアップ

これは便利!! 日々の飲酒量をスマホで記録して上手くお酒と付き合おう!【アサヒビール】

 アルコール離れと言われて久しいが、居酒屋で働くスタッフは酒好きが多い。営業終了後に同僚や友人と飲みに行ったり、休日は勉強がてら朝からさまざまな店で飲み歩いたり──。 しかし羽目を外して事件の加害者になったり、泥酔状態で仕事をされたりしたら…【続きを読む】
ニュース

第1回「酒屋が選ぶ焼酎大賞」5銘柄が決定【酒屋が選ぶ焼酎大賞実行委員会】

 酒屋が選ぶ焼酎大賞実行委員会は10月4日、全国の酒販店139店が焼酎5部門(芋・麦・米・泡盛・黒糖)の「1番お奨めの焼酎」を決める「第1回酒屋が選ぶ焼酎大賞」の授賞式を東京都内で開催した。 同実行委員は、郡山泉屋(福島)、酒舗まさるや(東…【続きを読む】
食品

味も食感もまるでポテト!? 調理用バナナ〈プラタノ〉って何?【アールビー・エコー】

 「バナナ」と聞いてまず思い浮かべるのは、生食する黄色いバナナやバナナジュース、南国フルーツといったイメージだろう。一方で、南米や東南アジアでは青いバナナを加熱した料理もメジャーだ。 ウェブサービス事業などを手掛けるアールビー・エコー(東京…【続きを読む】