がんばろう外食!(支援等) ピックアップ

抽選で1店舗あたり3万円寄付も! Rettyと共同し飲食店支援プロジェクト始動へ【JT】

2020年6月20日 9:10 am

 JTが総額約1.2億円を拠出して、飲食店をサポートする取り組みを始める。新型コロナウイルスの影響を受けた飲食店を支援するため、6月29日から「サポ食」https://campaign.retty.me/saposhoku_lp/を始動。これは、全国の飲食店の今とこれからを応援することを目的に、JTが運営するオンラインサービスCLUB JTとRettyとの共同プロジェクトだ。

 具体的には、飲料や食材の仕入れに掛かる費用に対して、1店舗あたり3万円を上限として寄付する「仕入れサポート」と、店舗が飲食代を割引する「サポ食」チケット(クーポン)をCLUB JTの会員向けに発行し、そのチケット総額3万円分をJTが買い取り店舗に先払いする「店舗応援チケットによる来店サポート」の二つ

 「仕入れサポート」は、6月29日~ 7月12日の期間募集し、無料で申し込めるRettyお店会員になれることが条件となる。

 「店舗応援チケットによる来店サポート」は、7月6日~ 7月19日の期間募集し、Rettyお店会員になれることと、CLUB JTサイトの「喫煙所MAP」の既存掲載店舗か、掲載可能店舗(喫煙可能店舗)であることが条件となる。

 応募が多い場合は抽選となり、どちらか一方に当選した場合、もう一方は選定対象外となる。

 このほか、ぐるなびが好きな飲食店をSNSで投稿した人の中から抽選で当選した人に賞品詰め合わせをプレゼントするキャンペーンを実施するプロジェクト「つなぐ食」(https://pr.gnavi.co.jp/promo/tsunagu-syoku/)にもすでに協力しており、両方の取り組みに対して総額約1.2億円を拠出することとした。

Print Friendly, PDF & Email