ニュース

モバイルオーダーと「d払い」が連携! NTTドコモと資本業務提携【Showcase Gig】

2019年12月6日 8:11 am

(左)Showcase Gig・新田剛史社長
とNTTドコモ・前田義晃執行役員 プラットフォームビジネス推進部長

 店舗に行く前に事前注文し決済まで済ませるモバイルオーダーアプリ「O:der(オーダー)」を販売・運営するShowcase Gig(ショーケース・ギグ。東京・青山一丁目、新田剛史社長)は12月5日、NTTドコモと資本・業務提携契約を締結したことを発表した。これにより、ドコモのキャッシュレスサービスである「d払い」のミニアプリの機能拡充と、日本の実店舗でのモバイルオーダーサービスの浸透を図る。

 今回の提携により、ショーケース・ギグが保有する実店舗向けのモバイルオーダー、テーブルオーダー、セルフオーダーのプラットフォームをd払いのミニアプリプラットフォームと連携。双方が接点を持つ加盟店を中心に、OMO(Online merges with Offline:オンラインとオフラインを融合させた新しい店舗体験を提供するサービス)ソリューションの提供を目指す。

 また、双方が連携して加盟店営業活動を実施し、d払いミニアプリの導入を加速。ミニアプリやd払いの利用拡大に向け、データを活用した加盟店向けマーケティングソリューションやコンサルティングサービスを提供していく。

 両サービスが連携することにより、ショーケース・ギグの「O:der」を使って注文して「d払い」で決済すると、ドコモユーザーの場合は携帯料金にまとめて支払いでき、ドコモユーザー以外の人は事前に登録したクレジットカードから引き落とされる。また、これまで溜めた「dポイント」でも支払いできる。決済後は、利用金額と還元率に応じて「dポイント」が付与される。このため、「O:der」にクレジットカード情報を登録する手間が省け、「dポイント」の販促による集客も期待できる。

 ドコモは12月中旬に、ショーケース・ギグから10億円の第三者割当増資の引受とショーケース・ギグ既存株主から株式譲受を実施する予定。

Print Friendly, PDF & Email