ニュース

実例付きの「外国人ベジタリアン・ヴィーガン対応ガイド」&専用DLサイトも!を公表【観光庁】

2020年4月7日 7:50 am

ヴィーガン料理のイメージ

 観光庁は、飲食店などを対象とした「外国人ベジタリアン・ヴィーガン対応ガイド」を公開した。

「飲食店等における外国人ベジタリアン・ヴィーガン対応ガイド」から一部抜粋

 同庁によると、2018年推計ではベジタリアン・ヴィーガンの訪日外国人旅行者は年間145~190万人で、その飲食費は450~600億円となっている。一方、同庁が実施したアンケート調査では、ベジタリアン・ヴィーガンに対応した店舗が少なく、ネットでの情報発信や店舗内外での表示も少なく食べられるかどうかがわからないなどの声が挙がっていた。また多くの日本の飲食店からは、基礎知識が不足しているために対応方法が分からないとの回答もあった。

 これらの調査結果を踏まえて同庁は、ベジタリアン・ヴィーガンの基礎知識(背景、類型、食事制限、国別割合、訪日数推計値など)、行動特性(どのように飲食店を選ぶのか、日本で食べたいものは何かなど)、方向性(対応方法を段階毎に掲載)、先進事例集などを掲載したガイドを作成。ダウンロードサイト(http://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001335454.pdf)から入手できるようにした。

 先進事例では、東京都内を中心に5店舗展開する「Mr. Farmer」や東京と千葉に4店舗展開する「T’sたんたん」などの事例や課題を取り上げている。

Print Friendly, PDF & Email