ニュース

エスエルディー がグルメSNS「シンクロライフ」のGINKANと資本業務提携

2019年8月22日 8:00 pm

暗号通貨活用した新たなマーケティング手法などを共同研究

 エスエルディーは、利用者が食事をすると暗号通貨をもらえるトークンエコノミー(代替貨幣を使った経済圏)型グルメSNS「シンクロライフ」を運営するGINKAN(東京・青山一丁目、神谷知愛社長)と資本業務提携した。同時に、GINKANは、DDホールディングス(HD)の子会社DDHDベンチャーキャピタルが運用するDD Holdings Open Innovation Fund(以下「DD FUND」)を引受先とする第三者割当増資も実施した。

 既にエスエルディーとGINKANは、「シンクロライフ」のアプリを活用した販促実験をスタートしている。またGINKANとDDHDは今後、「DD FUND」を通じて、共同で「シンクロライフ」を利用した新しいマーケティング手法やブロックチェーンを活用した新しいリワードプログラムの共同研究、ポイントとCRM(顧客管理システム)を活用した新しいマーケティングモデルの確立などを目指す。

 エスエルディーの伴直樹社長は「出資を通じて、メディア×AI×トークンインセンティブという組み合わせで、新たなグルメメディアのあり方を構築し、課題解決に向けて共に挑戦していきたい」とコメントした。