居酒屋JAPAN出展社一覧東京会場出展社一覧大阪会場

SNS

クラウドファンディングで低コストながら効果的な集客を支援【マクアケ取締役・坊垣佳奈氏インタビュー】

外食店舗のクラウドファンディング利用は 日本独特の形で発展、浸透し 強力な集客・プロモーション手法になった。2017年は「クラウドファンディング元年」とも言われる。インターネットを通じて、不特定多数の人々から比較的少額の資金を調達するクラウドファンディングの市場規模は、日本でも17年末までに1000億円を突破すると予想されている。こうした追い風が吹く中で、外食企業(店舗)によるクラウドファンディング利用がこのところ急増中だ。起業や店舗改装などを目的とした資金調達に役立つばかりではなく、低コストで実施できる強力な集客・プロモーション手法としても注目されているからだ。日本のクラウドファンディング・サイトの中で、外食企業(店舗)によるプロジェクト(サイトに掲載する資金調達ための募集コンテンツ)数からみて、最大級の実績を誇るのが、サイバーエージェントの子会社マクアケが運営する〈Makuake〉である。どんな外食企業(店舗)が、どんな形でクラウドファンディングを活用しているのか? クラウドファンディングで資金を調達し、同時に集客・プロモーションにも成功するには、どんな条件が必要なのか? マクアケ取締役で、海外のクラウドファンディングの動向にも通じる坊垣佳奈氏に聞いた。