新型コロナウイルス関連記事

販促効果

〈スマホサイフ〉活用でコスト減と販促効果アップ実現を【CCCマーケティング】

自社アプリを製作・運用するには、コスト面からも運用スキルの面からも荷が重い。かといって、紙や磁気のポイントカードは販促効果が分かりにくく、しかも意外に手間も費用もかさむ。どうにかしたいが――。こんな悩みを抱える外食企業にとって、耳よりな新しい選択肢が〈スマホサイフ〉だ。CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)の子会社で、Tポイントプログラムの運営、Tポイントの管理等、データベースマーケティング事業を行うCCCマーケティング(東京・渋谷、北村和彦社長)が16年7月20日から開始した新しいスマートフォン向けアプリ&サービスである。〈スマホサイフ〉の利用者は、スマホ上のアプリでTカードや電子マネーの楽天Edyを利用でき、同時に複数の〈スマホサイフ〉加盟店(物販・飲食)のポイントシステムも利用可能となる。どんな使い方、メリットがあり、どの程度の費用で加盟できるのだろうか。