新型コロナウイルス関連記事

集客

「LINE」のプロフィールから予約を受け付ける「LINEで予約」が11月スタート! まずはぐるなび加盟店から【LINE】

 LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」の「LINE公式アカウント」から席の予約ができるサービス「LINEで予約」を11月から提供し、そのファーストパートナーとしてぐるなびとの連携を発表した。 「LINEで予約」は、公式アカウント…【続きを読む】

自社開催や販売だけでもOK!オンラインイベント通じPB商品を全国の消費者に手軽にリーチできる‼️【Re:Build】

 Webシステム開発などを手掛けるRe:Build(沖縄県那覇市、鈴木孝之社長)は、オンラインイベントサービス「OREIO(オレイオ)」(の運営を開始した。 「OREIO」は、オンラインイベントを開催し、参加者にお礼として飲食店の料理や地方…【続きを読む】

産直食材の店頭販売「ポケマルスタンド」が12月まで手数料無料になる飲食店モニター募集中!【ポケットマルシェ】

 野菜や果物、肉、魚、穀物、お茶など多種多様な全国の生産者と消費者を直接つなぐアプリ「ポケットマルシェ」( 以下ポケマル)を運営するポケットマルシェ(岩手・花巻、高橋博之社長)は、同社のパートナーとして、店舗の空きスペースを利用して、「ポケ…【続きを読む】

AIが「食べログ」から「おひとりさま歓迎店」を見つけスコア化! 20万店掲載のグルメアプリ誕生【ヒトリ飯】

 ひとりで食事を楽しむ人が増え始めている中、DeepBrain(東京・駒込、山中茉理乃社長)は、全国約20万店の中から1人で食事できる近くの店舗を探せる、おひとりさま向けグルメアプリ「ヒトリ飯」()を8月30日にリリースした。 「ヒトリ飯」…【続きを読む】

他店とのクラファン食事券のデジタル化・管理を無償で!!【ランデブー】

 同じ商店街やエリアの飲食店が集まって、クラウドファンディングを通して前売り食事券での支援を募る事例が増えている。一方で、資金が集まった後の紙の食事券の発行・分配には大変な手間がかかるとともに、利用時のトラブルにつながることも少なくない。 …【続きを読む】

目指せ常連客化!! 手軽に月額制会員権や前払い式ポイント販売が可能に!【monofun】

 MONO Investment(東京・目黒、中西諒社長)は、長期的な常連客を増やすとともに、キャッシュを事前に受けることで資金繰りの改善を図るサービスとして、飲食店が手軽に月額制の会員権や前払い式ポイントを販売できるサービス「monofu…【続きを読む】

ラクスルとの業務提携でウェブ広告とチラシの作成・配布がワンストップに! 両者の効果測定も可能に【イデア・レコード】

 近年、ウェブサイトやSNS、動画などを活用したオンラインマーケティングが主流となりつつあったが、新型コロナウイルスの流行により、デリバリー・テイクアウトに取り組む飲食店が増え、近隣エリアへのチラシ配布やポスティングなど紙媒体での広告が重視…【続きを読む】

ドリンク1杯無料提供のみで集客に繋がる新タイプサブスクが10月1日からスタート!【カクヤス×インサイトコア】

 カクヤス(東京・王子、佐藤順一社長)は、店舗のサブスクリプション(定額制パス)ポータルメディア「MONSTER PASS(モンスターパス)」の開発・運営を手がけるインサイトコア(東京・品川、竹村義輝社長)と業務提携を行い、「MONSTER…【続きを読む】

余剰食材や料理を近隣の消費者に通知可能な無料アプリが10月に東京・恵比寿から始まる!【now now】

 天候の影響やノーショウなどにより料理が余ってしまったり、今日中に売り切りないといけない新鮮なメニューが残った時に、近隣の人に知らせて店に来てもらう無料のマッチングサービスが、10月に東京・恵比寿で始まる。 フードロス&廃棄「0」を目指すO…【続きを読む】

AR技術がメニューブックを変える!? 料理の実物大写真がスマホ画面通してその場に現出!!【ワクザワ】

 スマホの画面越しに、料理の写真を実物大でその場に表示できるARを使ったサービスが誕生した。AR(拡張現実)やVR(仮想現実)技術を活用したサービスの開発を手掛けるワクザワ(東京・中野、黒澤恒大社長)は、飲食店のメニューをARで現実空間に表…【続きを読む】