新型コロナウイルス関連記事

がんばろう外食!(支援等)

消費者の56%が「Go To Eat」を「外食したいと思った当日」に使いたい【イオレ調べ】

 「Go To トラベル」に続き「Go To Eat」と、全国で「Go To キャンペーン」が順次始まった。飲食店や観光地としては、果たしてどれだけGo To キャンペーンを利用する消費者がいるのか、気になるところだ。 PC・スマートフォン…【続きを読む】

「Go To Eat」直後に新規客が前年比約120%に! 単価「1000円台以下」の割合も急伸【トレタ調べ】

 10月1日に始まった、対象店のオンライン予約にポイントを付与する「Go To Eat」キャンペーンが、顧客の動きに大きな影響を与えたことが、トレタの調査でわかった。特に、付与されるポイントよりも少ない金額だけを使いポイントとの差額分を儲け…【続きを読む】

東京や神奈川など「Go To Eat」2次公募の自治体でプレミアム付食事券が漸次スタート!!【農水省】

 「Go To Eatキャンペーン」の食事券発行事業の委託事業について、2次公募で採択された14都道県14件のうち、山形や東京、神奈川、沖縄など、一部の自治体でプレミアム付食事券の発行事業が徐々に進んでいる。 なお、北海道・青森県・宮城県・…【続きを読む】

商店街の活性化を支援する「Go To 商店街」の第1弾として34事業・50団体を採択【経産省】

 経済産業省は10月16日、「Go To 商店街」キャンペーンの第1弾として34事業・50団体を採択した。「Go To 商店街」は地域に活気を取り戻していくことを通じて商店街の活性化につなげることを目的とした支援策で、今後、各商店街で採択さ…【続きを読む】

【10/15更新】大阪府で独自の飲食店支援事業開始!! 4人以下&15時以降に5000円以上の飲⾷予約で2000円分還元

※10/15更新 ミナミ地区のポイント追加付与期間を10月31日までから11月15日までに延長、オンライン予約サイトに対象店舗として掲載されていない場合の問い合わせ先追加■少人数利用・飲食店応援キャンペーン事業とは? 消費者の利用喚起を促す…【続きを読む】

コロナ吹き飛ばせ!!「エンタメ×飲食」の相互応援スキーム「#食べてニッポンを元気に」プロジェクトが始動!!

 本社・外食産業新聞社は、コロナ禍における独自の飲食店支援策として、オーディションプラットホームのSHOWROOMやテレビ西日本、居酒屋JAPAN事務局、焼肉ビジネスフェア事務局などの企業・団体と共同で、飲食店がオーディションを軸としたプロ…【続きを読む】

「Go To Eat」前後で「席のみ予約」が全体の60%に! 「1人予約」の割合も増加 【イデア・レコード調べ】

 予約管理台帳システム「お席トットくん」などを運営するイデア・レコード(東京・新宿、柏田康雄社長)が、「Go To Eatキャンペーン」のオンライン飲食予約サイトの利用状況を調査したところ、「席のみ予約」の割合が全体の60%を占めたことがわ…【続きを読む】

「飲食店向けフェイスシールド」早期実用化に動く!【サントリー・凸版印刷・理研が協働】

飲食店における新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みで協働するサントリー酒類、凸版印刷、理化学研究所(理研)の3社は、協働で開発に取り組む飲食店向けフェイスシールドの早期実用化を目指す。 新型コロナ禍に苦しむ飲食店支援や感染拡大防止を目…【続きを読む】

店内でマスクの置き方・置き場に迷う人は6割、入れ物が配布されれば使いたい人も6割【HPグルメ調べ】

 リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は7月31日~8月11日の期間で首都圏、関西圏、東海圏に住む20~69歳の男女1万305人に、飲食店利用時の衛生面や最近の外食時の印象を調査した。 2…【続きを読む】

「Go To Eat」開始前後で予約数が最大約6倍に! 大阪ではコロナ前と同水準に!!【エビソル調べ】

 飲食店向け予約管理システム「ebica」を運営するエビソル(東京・恵比寿、田中宏彰社長)は、1店舗あたりの平均予約件数を、「Go To Eat」キャンペーン開始前日の9月30日と、翌週の同じ曜日である10月7日で比較したところ、各店舗が契…【続きを読む】