新型コロナウイルス関連記事

ピックアップ

トップソムリエが日本食店のメニューに合うマリアージュをサポート【フィラディス】

 希少性の高い中高価格帯のワインの輸入・販売を手掛けるフィラディス(神奈川・横浜、石田大八朗社長)は、すしやてんぷら、焼き鳥業態などの日本食店向けにワイン選びを無料でサポートするサービス「トータルサポートサービス」を始めた。 同社のワインク…【続きを読む】

紙製なのに食洗機・再利用OK!「森のタンブラー」で環境に乾杯!【アサヒビール】

 花見や宴会、野球場などでよく使われるプラスチックコップ、略してプラコップ。安価な上に軽く丈夫で、水漏れもせず便利だが、一度使えば即ゴミ箱行きだ。決して環境には優しくない。昨今、海洋プラスチック問題が注目されているのはご存じの通り。世界をは…【続きを読む】

客が値決めする居酒屋って、どういうこと?

売上や原価、利益率のデータも公開するって!! 同じワインをグラスに入れ、一つは10ドル、もう一つは90ドルという値札をつけてワイン愛好家に飲み比べてもらったところ、高い値札をつけた方が満足度が高かったという実験がある。これは名声価格と呼ばれ…【続きを読む】

サソリの一刺し!? 普通の〈タバスコ〉の10倍辛い〈スコーピオンソース〉の上陸だ!!

〈TABASCO(タバスコ)ソース〉を製造しているマキルヘニー社(アメリカ・ルイジアナ州、ハロルド・G・オズボーン代表)は、7月1日に「TABASCO」ブランド史上最も辛い、〈TABASCO スコーピオンソース(以下スコーピオンソース)〉を…【続きを読む】

自然との共生――「里山」思想から誕生  養命酒のノウハウを活かした渾身の「ジン」とは?

 昭和47年(1972年)に開設された長野県の「養命酒製造 駒ヶ根工場」は、当時、①自然との調和・共生②森林・公園工場としての見学工場、といった2つの考えで作られた。「自然の恵みを頂戴して事業をしている」という、感謝の気持ちがその根底にある…【続きを読む】

悲劇の国産ホップがついに表舞台へ 「ムラカミ・セブン」 使ったIPAビール発売

 日本産ホップ「MURAKAMI SEVEN(ムラカミ・セブン)」を贅沢に使用したクラフトビール〈MURAKAMI SEVEN IPA〉が、キリングループの「スプリングバレーブルワリー」各店舗や東京・銀座の「BEER TO GO」、そしてク…【続きを読む】

DMM.comが日本初上陸のケニアワインでワイン輸入事業に参入

 動画配信事業などを手掛けるDMM.com(東京・六本木一丁目、亀山敬司会長)は、同社では初となるワインの輸入事業に参入し、第1弾として赤道直下のケニアで作られている〈Leleshwa(レレシュワ)〉の販売を始めた。 同社は2015年にアフ…【続きを読む】

最近のイケてる酒場で流行の兆し!? トイレに置かれた【あるモノ】とは?

2匹目のドジョウはいるのか? シャリシャリ市場に参入する宝酒造の狙いは?

大衆酒場業態では、夏の風物詩になりつつある「シャリキン」。居酒屋関係者ならご存知かと思うが、言わずと知れた「シャリシャリに凍らせたキンミヤ焼酎(三重・宮崎本店)」を指す。アルコール度数が20度なので、完全に凍らず、シャリシャリとした食感を楽…【続きを読む】

ビールに氷ってどういうこと? 〈アイス・ドラフト〈生〉〉が今夏ブレイクしそうなこれだけの理由

 某月某日、東京・田町の「大衆パラダイス 芝浦ホルモン」へ入店。店員さんの案内で2階へ通されると、ひと仕事終えたとおぼしき近隣の会社員グループが、東京・芝浦市場直送の新鮮なホルモンを炭火七輪でじゅうじゅうと焼き、店内はモクモクと煙が充満中。…【続きを読む】