集客 ピックアップ 役立つシステム

店独自の特典付き回数券を販売して事前収入と常連をゲット⁉ 【みらいの食券】

2020年4月9日 3:34 pm

 回数券を販売することで、事前に収入を得らえるサービスが4月20日から始まる。ホームページなどのウェブ制作や商品ラベル・パッケージの制作などを手掛けるPREO DESIGN(プレオデザイン、熊本・亀井、古庄伸吾社長)は、それぞれの店舗独自の特典を付けた回数券を販売するウェブサービス「みらいの食券」の提供を始める。

 「みらいの食券」は、店舗が3・5・10枚綴りから選んだ回数券を発行し、スマートフォンで販売できるサービス。事前に決済されるので収益構造の改善や、回数券による常連化につなげられる。また、それぞれの店舗独自の特典として、メニューにはない「賄い」や「新メニュー試食券」、「〇〇つかみ取り」、「イベント招待券」など工夫することで、新たなファン獲得も期待できるという。

 実際に、利用する際は、クレジットカードで購入したユーザーが、回数券の画面を提示して注文。会計時に回数券の画面を店員がタップして「使用済」にする。「みらいの食券」の有効期限は購入日から180日

 料金プランとして、売上の5%を利用料として支払う契約期間の縛りがない従量課金プランと、6カ月更新で売上に関わらず5000円を利用料として支払う月額制プランの2種類を用意。無料トライアルとして、利用開始から2カ月間は無料で利用できる。無料トライアルを含めて、決済手数料3.6%と振込手数料250円(売上の入金は週ごとか月ごとかを選ぶ)は別途必要となる。

 一定の加盟店数が集まったエリアから順次公開していく予定で、古庄伸吾社長は「お客さんは食券を購入することでお店のファンであることを伝えて、飲食店を応援することできる。楽しい食券文化を築きながら自然と強い飲食店が増えていくサービスを目指す」とコメント。飲食店向けページhttps://lp.mirai-ticket.jp/shopentryで申し込みを受け付けている。

Print Friendly, PDF & Email